夜学舎

「書く」にまつわる日記

気合と根性さようなら

先日の記事のように、最近やる気をなくしているので今年はあんまり積極的に仕事してない。

 

yagakusha.hatenablog.com

 


去年はしんどいくせに、気合と根性って言いながら、
ちょっと無理するくらいで仕事してた。

へとへとだったけど、なんだかんだ言って自分は気合と根性が好きなんだなと思った。
でも、気合と根性そのものが好きって言うより、
地獄のミサワ』みたいに
「『気合と根性』って言ってる自分が好き」みたいなところがあった。
そこまで考えて、それってがんばってる自分に酔ってるみたいで
気持ち悪いなと思った。
気合と根性の逆はゆるくやろうとか、力を抜いてのびのびみたいな方向だけど、
それもわざとらしいから普通にやろうと思った。


気合と根性は、スリルがあって、ドーパミン出て仕事やってる感味わえていい。
けど、それずっとやってたら病気になってしまう。
ゆるく力を抜いてやってたら、そもそもやる気が出なくて仕事終わんないし。
それで平常運転目指すんやけど、平常運転って平坦やから、
淡々としてローテーションみたいになって
平坦さに自分が耐えられなくなりそうな気がする。

自分の中で仕事=気合と根性になってて、
平坦だと仕事してる感でなくて、それが耐えられなさの原因なんだと思うけど、
気合と根性ないと仕事終わらないのが異常事態なのに、
気合と根性=仕事になるといつか潰れそう。
だから平坦さに慣れて、気合と根性って言わなくても仕事できるようにしたい。

シン・エヴァでも「毎日は同じでいいの」って言ってたし、
普通にやるのが今年下半期の目標。






webshopはこちら→https://yagakusha.thebase.in/