夜学舎

「書く」にまつわる日記

日記ブームについての考察 その2

前回は今日記がブームという話を書いた。

今回は自分の日記遍歴を振り返りながら、どうやったら日記が続くかについて書いてみたい。

yagakusha.hatenablog.com

私の日記遍歴

私は日記をつけたいと思いながら、大学生までは紙の日記を続けようとしては続かないということを繰り返していた。
それがインターネットでつけるようになると続くようになった。

・〜2005年頃 ネット日記の読者時代
最初にネットで日記をつけるという文化を知ったのは、いろんな個人店のHPに載っていた店主の日記だ。
1990年代から2000年代始め、古民家を改装してカフェや雑貨店にするというようなブームがあって、わたしはそういうお店をめぐるのが趣味だった。
そういうお店の多くは店主の思いや個性を大事にしていたので、ホームページにも日記をあげている人が多かった。
そういうのを見てインターネットに日記を載せるという文化を知った。
当時私は完全に読者の立場で、自分の日記を公開なんて恥ずかしいと思っていた。

・2005〜2008年頃 mixi時代
そんなネットに自分の文章をあげることへの抵抗を取り払ってくれたのが、mixiだ。
当時は招待制で、誰かからの招待がないと使えなかった。
mixiは見る人が友達ばかりなので、気楽に書けるのがいい点だった。
不特定多数に見られるのは怖いけど、友達ならまあいいだろうと、1日の日記や読んだ本の感想を書くようになった。
一方で、mixiの出始めは実名で友達になるのも知り合いばかりだったのと、見たら足跡がついた。それで、いつも誰かとつながっている感じがして窮屈だなと思い始めていたところ、ある人と人間関係が壊れたのをきっかけに、いつまでも人間関係がつながっていることに嫌気がさしてやめてしまった。

・2006年〜2012年頃(〜現在) ブログ時代
同時期くらいにブログが登場した。
mixiがいやになった私は、その当時契約していたプロバイダが提供するブログサービスでブログを書き始めた。
周りの作家志望の人や、何か物づくりをしている人の多くはホームページを作って自分の作品を載せたり、日々の活動を発信していた。
わたしは当時出版社の契約社員で、編集者やライターになりたかったので、文章の練習にと思ってネットに文章を書いたりするようになった。内容は他愛もない日々の記録や思いやエッセイ、読んだ本の感想などだ。
しかし、引っ越したときにプロバイダを変えてしまったせいで、うっかり移転作業を忘れてしまい、ブログがなくなってしまった。
そして、しばらくあまりネットに自分から何かを書くというのはやらなくなった。
はてなを使い出したのは、2011年にフリーランスになったときだ。
はてなを選んだのは、当時わりとはてなで書いていて作家デビューする人が多かったからだ。当初はプレビュー数を気にせず、他愛もない日々の記録や思いやエッセイ、読んだ本の感想などを書いて淡々とやっていた。
ところが、ツイッター、ブロガー文化のようなものがあるのを知るうちに何を書いていいのかわからなくなった。ツイッターだと「バズり」が大事だし、ブロガーはアフィリエイトで稼ぐから内容は別にして数あげろという感じだった。
わたしはあまりどちらも求めていなかったけど、どうもそういうものがはやっているようだというのが耳に入ってくると、自分はどういうスタンスでブログを書いていいのかわからなくなってきた。
はてなは続けていたが、更新頻度はぐっと下がり、かなり力の入った文章しか掲載しないようになり、日々の思いやモヤモヤを吐き出す場所ではなくなった。

・2014〜2016年頃 タンブラー 時代
そんなとき出会ったのがタンブラー だった。

saruwakakun.com

タンブラー は、テキスト、イラスト、映像、写真、音声といろんなものがあげられるサイトで、好きなサイトを作っている人をフォローしたり、コメントをつけたりといった交流機能もある。ちょうど、課金できないnoteといった感じだ。
タンブラー が流行っていたのは、2013年くらいから16年くらいまで(今でもやっている人はいると思うけど)だと思う。
noteがリリースされて、タンブラー からnoteに移った書き手も多かったように思う。

タンブラー は静かなnoteという感じだった。
noteは毎日書くこととか、人にいいねとつけたりコメントをつけたりすることが推奨されているけど、タンブラー はそういうことは別にしてもしなくてもいいという感じ。
だから、淡々と好きな人のページをチェックしたり、淡々と自分の思いを書き綴るというのに便利だった。ただ静かすぎて読まれているという実感を得られない部分もあった。
noteはいいねがなくてもページビューがチェックできる。
だから、読まれているという実感を得やすい。
タンブラー からnoteに移った書き手が多かったのはそんなところも理由だろう。
わたしがタンブラー をやめたのは、2018年に書籍が出版社から出版されることになったからだった。
本の元になった文章も多かったので、ページ自体をとじることにした。


・2019〜2020 note時代
そして、わたしも他の書き手と同様、noteに書く場を移した。
しかし、やっぱり何を書いていいかわからなかった。
なんとなくnoteは書くこと以外を生業にしている人が、自分の仕事について書く場としては書きやすくていいと思うのだけど、書くことを生業にしている人にとっては、使い方が難しいメディアなのではないかと思ってしまう。
私にとっては「書きすぎてしまうこと」がネックだった。
書きやすいがために、いらないことまで書いてしまう、そのことであとで後悔したことが何度かあった。
コロナで鬱々していた時期はその気持ちを発散するのに使っていたが、
特にもう自分には必要がないかなと思ったので、いったんやめることにした。

note.com



note.com

note.com



note.com

 

note.com



ネットで日記を書くことへのモヤモヤ

・わがままな書き手
こうやって振り返ると、この15年ほど自分はいろんなプラットフォームを使って日記を書いてきた。
こんなにいろんなプラットフォームを転々としているのは、多分自分の中に矛盾している部分があるからだろう。
自分のためといいながら、誰かに読まれているという実感を得られないと続けられない。しかし、あまり頻繁にコメントをもらうとか、長文のコメントをもらうとか、常にいいねしあわないといけない場だと息苦しくなってくる。
また、読まれる範囲が実際の友達の範囲だけだと物足りなくなるし、オープンな場すぎるとちょっと怖い。
知り合い、知り合いじゃない問わず適度にクローズドな場で、適度に読まれているという実感が得られる場で書きたい。
わたしはとってもわがままな書き手なのだ。

・スクショ日記をインスタにあげる
そういう自分のわがままを満たしてくれるサービスが思いつかなかったので、編み出した方法があった。
ケータイのメモをスクショしてインスタのストーリーにあげるという方法だ。
見るのはインスタのフォロワー中心であり誰が見てくれたかわかること、
1日で消えるので公開範囲が限定されること、
ケータイのメモでスクショで撮れる程度の量しか書けないこと、
インスタのストーリーはすぐ消えて読むのが一瞬なので長いコメントは来ないこと、
などメリットが多かった。
今はもうやってないけど、これはとても続けやすかった。
日記が続かないと思っている人には是非やってみてほしい。

・LINEのオープンチャットへの期待
今可能性を感じるのはLINEのオープンチャットだ。
ラインにはmixiみたいに不特定多数の人がコミュニティーを作れる機能があって、
そこに参加すれば匿名で文章を書けるようになっている。
ZINE作家の伊藤さんがそこで日記を書くオープンチャットを運営している。


ある程度公開の場で書きたい、でもある程度クローズドな場がいい、ある程度見られたいけど、具体的な感想とかコメントはほしくない、といった日記をネットで書くことについてのモヤモヤの多くをクリアしている、非常に面白い試みだ。

・書き手と読み手が平等な場
このオープンチャットに参加して数ヶ月たつが、文章は淡々としていて日常を淡々と綴っているようなものが多い。だから人の日記や日常と自分をくらべたりすることが少ない。
noteもみんなが読んだり書いたりしながら育つコミュニティという感じはあるのだが、人の目を気にして「読ませよう」「面白がらせよう」といった文章が多い。
また、誰の日記が人気とか、誰かがバズるといった部分がある。
今思うとそこがちょっと辛かったのだと思う。
オープンチャットでは匿名性が担保された中で、ランキングもなく、みんな書き手でありみんな読者であるという平等に書いたり読んだりする場が作られている。
人に見られつつ人の目を気にしないでいいから続けやすい。

もしかしたら、日記に限らず、文章を書くことを続けられるポイントというものはそこにあるのかもしれない。
日記や文章を書くことが続かないと悩んでいる人は、ある程度人に見られつつ人の目を気にしないでいい場を、探すなり作るなりしてみるといいのではないだろうか。

日記ブームについての考察

日記がブーム

コロナ禍以降日記がブームになっているそうだ。

news.yahoo.co.jp

 

たしかに、ここに書かれている『仕事本 わたしたちの緊急事態日記』(左右社)以外にも、『コロナ禍日記』(タバブックス)、『コロナ禍の東京を駆ける 緊急事態宣言下の困窮者支援日記』(岩波書店)等、コロナ以降日記の本が増えているようだ。
緊急事態宣言でうちにいて、他の人と会う機会が制限されたことで孤独を感じるようになったこと、その間に他の人はどんな生活を送っていたか、どんなことを考えているか知りたいという興味からこういう本が増えているんだろう。

しかしこの記事では日記帳に書くことのブームについては触れられていたが、ネットに書いたり出版したりするブームについては触れられていなかった。
そこで、それらも含めた日記ブームが現状どうなっているかについて書いてみたい。



日記ブームとnoteの影響

日記を読むことだけではなく、書くこともブームになっている。
特にインターネットではnoteの影響が大きかったのではないかと思う。
それまでさまざまなブログがあったけど、noteの一番画期的だと思うところは、
「noteの使い方、機能紹介」のページに


短い文章、下手な文章、ラクガキ...、そういったものを恐れて手をとめる必要はありません。まずは、創作したいこと・伝えたいことを世に送り出す。表現力もファンも、あとから十分ついてきます。


とあるように、未完成でも、下手でも、とにかく発信することと、続けることが重視されていることだろう。

例えばはてなでは、文章がうまい人の戦場という印象があり、そういうところに入るのにハードルの高さを感じた人も多かったのではないだろうか。
しかし、noteはその書くハードルを一気に下げたように思える。
さらに、noteは毎日書くことを推奨しているが、その際に日記を書く人がいちばん多いように感じる。それは、自分の日々の日常が一番書きやすいことだからだろう。
特に日記というのは、その人の生活が材料になるから誰一人として同じものはなく、その人の個性が一番出やすいため、書くことを始めた人にとって一番手軽に始められる。

ただ、一番難しいのも日記だ。
変わった生活を送っているとか、有名とか、文体や内容が面白いといった特徴がないと、なかなか読まれにくい。
また、文章と内容に人間性が出やすいから、リスクも大きい。
簡単に手を出せる一方で、公開するにあたってはプライバシーやものの言い方に気をつけないと炎上を招きかねない。
noteでは有料記事にできる機能により、そのリスクを回避できるようになった。
有料記事にすると一部表示になるので、書くモチベーションを保ちながら、炎上や批判のリスクを減らせる。
また、コメントやいいねといったフェイスブックに近い機能もあるから、承認欲求もある程度満たせる。そういったところが人気の理由ではないだろうか。

 


日記を出版することもブームに

書いて公開するだけでなく、日記を本にして売るということもブームになっているようだ。
文学フリマBOOTHといった手軽に本を売れる場やサービスも増えたことで、日記を本にして人に読んでもらうことが気軽にできるようになった。
書くこと、発信することのハードルだけでなく、出版することのハードルも下がったのだ。

さらには今年の5月には内沼晋太郎氏による月日屋という日記専門書店も登場している。これにより、日記を書いて、公開して、製本して流通できる流れができた。これにより日記本の出版はさらにブームが来るのではないだろうか。

tsukihi.jp

 

 

日記本ブームのこれから

そうすると、次は山ほどある日記本の中からおすすめを紹介するようなサービスができてくるのではないか。

文学フリマBOOTH
の日記は口コミで広まることが多いとが、評判になる前に売り切れて買い逃したりすることが多い。
日記本は作りやすい分、次々出版されてその中から掘り出しものを見つけるのも難しそうだ。
なので、選書サービスが必要とされそうだ。

 

もうしばらくはコロナは続くだろうし、人が書いているのを見ると、自分の執筆意欲も刺激される。

日記ブームはまだまだ続きそうだ。

集え、香川の古本好きたちよ!(11/23ポリ裏ブックバザール@香川)

勤労感謝の日、高松に集合!!

香川の古本屋さんや本関係の仕事をしている人たちが共同で開催する初めてのイベント、「ポリ裏ブックバザール」に夜学舎で出ます。

『愛と家事』も売ります!!
生活に関する本屋さんというコンセプトでいろいろ選書中。
料理、服、手芸に関する本と読み物中心の本屋さんにする予定。

f:id:kokeshiwabuki:20181118195115j:plain


地域や香川に関する本も少し持って行こうかな〜。

 

f:id:kokeshiwabuki:20181118203200j:plain


前に仕入れていた新刊書、zineも売ります。
今だと手に入りにくいのもありますよ!

是非おこしください〜。

ポリ裏ブックバザール!



【告知】「りっすん」に記事を書きました

はたらく女性の深呼吸マガジン「りっすん」

遅れて来た反抗期を終えて感じた「ほんとうの自立」という記事を書きました。


愛と家事の「遅れて来た反抗期」の後日談です。

www.e-aidem.com

 

よかったら読んでくださいね〜。

イベントレポ【6月[オムラヂとほん@やなぎまち商店街内「元ふくせ」]】

奈良でルチャ・リブロという私設図書館をやっている青木さんに、
オムラヂとほんというイベントに呼んでもらいました。

青木さんは長年オムライスラヂオというインターネットラジオをやっています。
その公開収録も兼ねていました。

f:id:kokeshiwabuki:20180630131547j:plain


青木さんは話題が豊富で、たくさんパスを投げてくださって、
とても話しやすかったです。
インターネットラジオで公開される予定なので、
内容はあまり書かないようにしておきます。


f:id:kokeshiwabuki:20180630131600j:plain


来てくださった人の感想をいくつか載せておきます。



www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com



 


次回のゲストは『小さな会社で僕は育つ』の神吉直人さんだそうです。

 

 

 

おまけ

大和郡山市の町並みは味があってよかったです。

f:id:kokeshiwabuki:20180630124501j:plain


いちばん気になった店

f:id:kokeshiwabuki:20180630124157j:plain


郡山のインド!? やっているのでしょうか・・・。

webshopはこちら→https://yagakusha.thebase.in/