夜学舎

「書く」にまつわる日記

A面とB面の使い分け

前に出した手づくり雑誌のタイトルが『B面の歌を聞け』なんだけど、わりとこのA面とB面って使い勝手がいいなと思った。

10年くらい前にやってたブログで記事のタイトルに、A面とB面とつけていたことがあった。A面では仕事のことを書いて、B面では自分の心情を吐露するようなことを書いていた。

ブログを人に見てもらいたい気持ちと、でも、仕事関係の人に自分のモヤモヤした気持ちとかプライベートなことまで知られたくない気持ちがあって、ブログを分けたらいいんだろうけど、なんとなくそれはいやだった。

だから、A面とB面とつけておくことで、仕事関係のお知らせだけ知りたい人はA面だけチェックしてもらおうと思ったのだ。
実際にはB面も見られていたと思うけど、こちらからチャンネルをあらかじめ分けておくことで、見ないこともできますからと提示しておきたかったのだと思う。

でも結局そのあとFacebookとかTwitterやり始めると、人間関係がごっちゃになって、結構内面やプライベートがダダ漏れになってしまった。
もちろんうまく公開範囲とかサブ垢を使い分けて、そういうのがダダ漏れにならないようにもできたんだろうけど、自分はそこまで使いこなせなかった。

そういうのを10年くらいやってきたけど、自分はそういうプライベートと公的発言がごっちゃになった空間とか、そこでのふるまいや作法に疲れたなと思った。
それでFacebookとかTwitterを使う時間を減らそうとしたり、アカウント消してみたり、鍵をかけたり、いろいろと使い方を試してみた。

最近、夜学舎のTwitterアカウントを作った。
そしたら気分がだいぶマシになった。
何がしんどかったんだろうと考えてみたら、たぶん自分の生活がA面に侵食される感じが嫌だったんだなと気づいた。

FacebookTwitterも仕事とプライベートがごっちゃになって仕事の発信もしてる中で、プライベートがどんどん仕事の人間関係と混じって、境がなくなってく感じ、あるいはその逆がいやだった。

そこをうまく切り分けたりできる人や、プライベートの人脈を仕事にうまい感じで生かせる人もいるだろうけど、私は自分があんまり人間関係が得意じゃないとか、仕事のシュッとした感じを長く保てないこともあって、結構苦痛だった。
それに、人といることが活力になるタイプと、人といることが疲れるタイプとがいるとしたら、私は後者だ。そのくせインターネットで人とつながり続けていたから疲れたんだと思う。

そういうインターネットの使い方をしていると、仕事じゃないのに、常に人間関係で悩んでいるような状態や、人からどうみられるか気にする状態が続いて、とくに一つのアカウントの発言やふるまいがわたしの全人格と見られるかもというプレッシャーを必要以上に感じていた。
そのせいでネットを見ると休みでも気が抜けなかったり、気が滅入ったり、イライラしたしたりした。その上、インターネット上での人間関係のトラブルも増えてきて、どうにかしたかった。

でも、夜学舎のTwitterアカウントを作ったことで、この活動は自分のB面って思えたら、自分を全部Twitterに託してない感じが持てて、すごく気持ちが楽になった。
それまであんまりたくさんアカウントを作るのはどうなんだろうと思っていたけど、逆にアカウントが増えたことで管理がめんどくさくなって、手持ち無沙汰にTwitterを見たり不用意につぶやくことが減った。
アカウントが増えたことで、逆にTwitter見る時間が減って意外だった。

前はいいね一つするのも、ここでいいねしてなんか言われたらどうしようとか、なんか思われたらどうしようとか思ったり、周りがハッシュタグデモをしていたら自分も参加しないとみたいな圧を感じてしんどくなったりしていた。
けど、アカウントを分けたことで、フォローする相手が違えば世界が全然違って見えることがわかったし、一つの世界だけじゃないとわかると必要以上に圧を感じすぎなくなったおかげで、ちょっとインターネットの世界を突き放して見られるようになった。

なんていうかこの10年くらい、インターネットで”発信”力を身につけようとか、自分の好きなことを”発信”して仕事にしようという風潮が加速している感じがして、私もそれに乗らなきゃみたいな気持ちがあった。

どうも、そういう風潮に自分のB面の切り売りというか、B面をA面に明け渡すみたいな感じとか、A面がB面に乗っ取られてずっとA面で生きてかないといけないような感じがして、息苦しさを感じてちょっとモヤモヤしていた。

けど、もう一個アカウントを作ったことで、もう少し引いて見られるようになった。自分のもう一面があることで、自分はそのアカウント全部じゃないと思えるし、全部を一つのアカウントで言わなくていいようになって気が楽になった。

これまではB面が本当の私で、それを隠さず生きるのが素晴らしいことだとか、自分らしい生き方なんだと思っていた。でもどっちか一面で生きるとか、どっちかを捨てるとかそういうことじゃないんだとわかった。A面とB面は使い分けなんだと思う。

西武の堤清二辻井喬で詩を書いていたのとか、社会学者の見田宗介真木悠介でエッセイや研究以外の仕事を発表している感じって、もしかしたらこんなのかもしれない。
だから、私もこれからうまい感じでA面とB面を使い分けてやっていきたい。

『B面の歌を聞け』感想いろいろ

【ブログでのご感想】
・関内関外日記さんのブログで感想が掲載されていました。
写真に少し写っているgoldheadさんの編み物がすごくいいなと思いました。

goldhead.hatenablog.com

・HOWE*GTRさんのブログで感想が掲載されていました。
そういえば、HOWEさんは、自分でTシャツプリントをやっていろんなメッセージTシャツを作っています。
今更ですが、登場していただけばよかったなと思いました。
メッセージTシャツを作るっていうのも、服の自給の一種だなと思いました。

howe-gtr.air-nifty.com


ツイッターでのご感想】

【インスタでのご感想】

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 佐々木ののか | Nonoka Sasaki (@nonorooom)

www.instagram.com


 

『B面の歌を聞け』のご注文について

おかげさまであと在庫が100部ちょっとになりました。
今後は現在取り扱っていただいている書店からの追加注文、取扱のない地域の書店からの新規注文、書店以外のお店からの新規注文を優先してお受けいたします。
すみませんが、大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、名古屋、東京の書店様からの新規注文はお受けできません。

また、『B面の歌を聞け』1号の増刷は予定しておりません。

どうぞよろしくお願いします。

2021年9月5日
太田明日香

納品時の袋について

書店様より、ポリ袋に入れて納品しているのはどうしてかという
問い合わせがありました。
これは表紙が汚れやすく、紙が折れやすいので、汚れと折れ防止のためです。

お店の方針でポリ袋はちょっとという場合は、販売時に取ったり、
別の袋に入れ替えて売ってください。

どうぞよろしくお願いします。
2021年9月2日
太田明日香

落丁、乱丁があった場合について

取扱書店ならびにご購入いただいたお客様へ

『B面の歌を聞け』は、手作業で製本しております。
落丁や乱丁がある場合がございます。
出荷前に確認しておりますが、見落としがある場合もあります。
その際には大変お手数をおかけしますが、
夜学舎までご連絡ください。
無料で新しいものとお取り替えいたします。

どうぞよろしくお願いします。

2021年9月1日
太田明日香

文化と商品の間で

よく本は商品じゃない、文化だという意見があります。
しかし、わたしは夜学舎で作る本は、一種の商品として作ろうと思っています。
わたしはこれまで自分の作りたいものがなんだかよくわからなかったのですが、
どうやら、文化と商品の間にあるものが作りたいと気がつきました。

採算度外視で趣味で作るわけでも、承認欲求で作るわけでも、
商業化のステップとして作るわけでもない。
自分の気づきや自分が取材したり見聞きして面白かったことをシェアしたい。
そのお裾分けをしたいというような気持ちです。


パンを作る人がパン作りの技術によって人々の飢えを満たして、その対価としてお金をもらうように、
コーヒー屋さんがその一杯によって人々をほっとした気持ちにさせて、その対価としてお金をもらうように、
わたしは自分が見聞きした面白い、役立ちそうな話をシェアすることで、お代をもらう、そんな気持ちです。

わたしは本を「文化」としてことさらに称揚したくないなと思いました。
また、本は文化だから守れとか、それがないと生きていけないというほど神聖化もしたくないなと思いました。
パン、コーヒー、服、花、そういう、生活の中にあるいろんなものの一つとして身の回りに置いてもらい、生活に役立たせ、そして花が枯れたら捨てられるように、服がボロボロになったら雑巾にされるように、その人の血肉としてもらいたい。
そうしてもらえるなら、カバーをかけてずっと書棚に置いておかれるよりも、ボロボロになるまで読んで捨てたり、よかったからと誰かにあげてもかまわない。
そういう気分でこれからものを作っていきたいなと思いました。

本で儲けたいとは思いませんが、本のためならお金はどうでもいいとは言いたくありません。
あくまでも生活の範囲でやっていきたい。
文化を神聖視して生活を疎かにしたくありません。
もしかしたらわたしがしたいのは、生活とものづくりが一体となった民芸的な本作りなのかもしれません。

『B面の歌を聞け』イベント出店&販売情報

イベント出店


・COLLECTIVE 2021(8/4〜29)→東京での展示は終了、全国巡回予定。
現在はウェブショップで購入可能
→in佐賀 10月8日(金)〜11月1日(月)開催!

@ おひるね諸島

東京・末広町PARK GALLERYで開催中の全国よりZINEを展示するイベント。
8月29日まで開催で、その後全国を巡回されるそうです。
出店作品はウェブショップでも購入できるそうです。

parkgallery.stores.jp


・出店予定 Zine it! vol.12  11/14  11:00~@宮崎県宮崎市高千穂通 宮崎県宮崎市高千穂通で開催される1日限りのzineの展示販売イベント
 
通販はなく、来場のみです。

zineit.com




取扱店情報

【関西】

・京都 浄土寺センター

hohohoza.com


・京都 hoka books

twitter.com

・京都 カライモブックス

karaimobooks.shop-pro.jp


・京都 マヤルカ古書店

mayaruka.com



・奈良 ふうせんかずら

narabook.space


・奈良 とほん

www.to-hon.com

 

・和歌山 らくだ舎

rakudasha.com

・和歌山 本屋プラグ

www.books-plug.com

・大阪 Calo Bookshop & Cafe

www.calobookshop.com


・大阪 書肆七味「夜学舎」ブース→終了しました。

現在は文の里の居留守文庫で販売中。

 

・大阪 シカク

uguilab.com

・大阪 スタンダードブックストア

standardbook.thebase.in


・大阪 FOLK old book store

www.folkbookstore.com

・大阪 POL

pol2020.jp

・大阪 β本町橋内の本棚

hommachibashi.jp


・兵庫 (神戸) 1003

https://1003books.tumblr.com/post/637829828983324672/%E7%A7%BB%E8%BB%A2%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%81%A8%E5%B9%B4%E6%9C%AB%E5%B9%B4%E5%A7%8B%E3%81%AE%E5%96%B6%E6%A5%AD%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

1003books.tumblr.com

1003books.tumblr.com

・兵庫(淡路島) 草地家
 ※一棟貸しのゲストハウス、館内の私設図書館でご購入いただけます。

kusachike.com

 

【中国、四国】

鳥取 汽水空港

www.kisuikuko.com

・岡山 もめん畑(服の自給 はじめの一歩に登場します)

momenbatake.info
・高知 太陽の眼 

taiyounome.mystrikingly.com


【九州】

・宮崎 ポロポロ書店
 ※ロゴを作ってくれた山下陽光さんの途中でやめるも扱っておられるお店です。

polowbooks.base.shop

 

・長崎 本屋ウニとスカッシュ

unitosquash.stores.jp


【中部、北陸】
・三重 トンガ坂文庫

www.tongazakabun.co


・名古屋 TOUTEN BOOKSTORE

touten-bookstore.net


・金沢 石引パブリック

www.ishipub.com

・富山 ひらすま書房

www.hirasumashobo.com


【関東】

・東京 Title

www.title-books.com

 IRA

ira.tokyo

 
・気流舎

www.kiryuusha.com

 

【東北】

・宮城 ボタン

twitter.com

 

終了したイベント
・zine zine zine 2021(7/31〜8/29)→終了しました。
 富山のひらすま書房で開催中のZINEイベントに出店中です。
 ウェブショップよりご購入いただけます。
 同時開催のzineと手ぬぐいでは全国からおしゃれな手ぬぐい販売も。

・ふふふのZINE(8/14〜17)→ウェブショップで9/1 AM11:00〜14 PM 23:59→終了しました
新潟県で開催予定のイベントでしたが、対面販売はコロナの影響で中止になりました。出店予定だった作品はウェブショップで販売予定。




webshopはこちら→https://yagakusha.thebase.in/