読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜学舎

生活のことを学びたい人や考えたい人にとっての本を作ります。webshop:https://yagakusha.thebase.in/

集え! 名古屋のくらし系たちよ(暮らし広場:アル・トゥ・エン@太田川 4/22-4/23)

名古屋の移動本屋さん「雨の本屋」さんが出店するイベント
暮らし広場:アル・トゥ・エンで『愛と家事』の販売があります。

○イベント詳細
 暮らし広場 アル・トゥ・エン

 日時:4/22(土)-23(日) 10:00-17:00
 場所:名鉄太田川駅前

このイベントで販売にいたるまでの経緯がおもしろかったので、
ちょっと紹介させてもらいます。
雨の本屋さんとの出会いは偶然。
名古屋のテレビ塔のイベントで出店していた大阪のcaloさんに勧められ、『愛と家事』を買ってくださり、長い感想文とともに取扱い希望のメールをいただきました。

こんなふうに混乱を起こさせる本との出会いが、読書の醍醐味だと信じています。

そのことを人に伝えたくて、ちいさな本屋をやっているのかもしれません。


いただいたメールの感想が印象的だったこと、
名古屋での取扱いが初めてだったこともあり、早速取引をお願いしました。

雨の本屋さんが移動本屋さんというスタイルで本屋を始めたのは4年前。
子育て中で、急なお休みや子どもさんの学校行事のことを考えると移動本屋というスタイルの方が合っているとおっしゃっていました。

今はイベント出店やブックカフェイベントなどで本のセレクトをやったり、こういったマルシェイベントに出店しながら、映画や本にかかわる企画を行っているそうです。

扱っているのは、エッセイや小説、雑誌、写真集、絵本などの古本と、新刊。
新刊はミシマ社、夏葉社、ナナロク社、mmbooks、つるとはな社など、
「個性的で未来へも読み継いでいきたい本を出されている出版社さん」
を中心にセレクトしているということでした。

///

『愛と家事』は個人的なことを書いており、読む人によってはあまり受け入れたくない部分もあるだろうなーという印象があって、
他の本みたいに、知り合いのお店に自分から積極的に営業をかける売り方はしていません。
読みたい人、興味ある人に自然に広がっていけばいいという思いで、
ひっそりと売っています。
それが、今回のように思いもよらないところからつながりができたり、
自分の思ってもみなかった場所で広がるというご縁ができて、本当にありがたいです。

自分の想定していた以上の場所に縁を広げる本の力をしみじみと感じます。

 

集え、京都の雑貨好きたちよ!(読んで作って遊ぶ!本と紙@雑貨店おやつ 4/21-5/17)

京都の桂にある雑貨店おやつで開かれている

「読んで作って遊ぶ!本と紙」というイベントで
『愛と家事』も仕入れてもらっています。
関連イベントもたくさんあって楽しそうです。
くわしくはこちら

店主トノイケミキさんの新刊『雑貨店おやつへようこそ』も販売中だそうですよ。
雑貨好き、絵本好き、自分も出版したいという方は是非!

f:id:kokeshiwabuki:20170422140055j:plain

2月末の注文について

2月20日前後から3月10日前後は引っ越しのため、発送が遅れます。
在庫補充等は早めにご連絡いただけると助かります。
また、ネットで注文のお客様については、発送が10日前後かかる可能性がございます。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承のほど、よろしくお願いします。

集え、東京の京都好きたちよ!(ホホホ座 at BEAMS JAPAN@BEAMS JAPAN 2/4-3/5)

「京あるき in 東京2017~恋する京都ウィークス」の一環で、
京都のホホホ座が新宿にあるBEAMS JAPANに登場!

ホホホ座がセレクトした京みやげや本が並びます。

イベントではホホホ座が編集した京都マップがもらえるほか、
対象の商品をお買い物すれば先着で京の旬野菜暦手ぬぐいがもらえるそう。

参加作家はこちらからチェックできます。
東京で京都が恋しいというあなた、おこしやす〜◎

www.beams.co.jp

 

○イベント詳細

「ホホホ座 at BEAMS JAPAN」を開催|BEAMS

日時:2月5日(土)〜3月5日(日)11:00〜20:00
場所:

BEAMS JAPAN 1F(新宿区新宿3-32-6

 

『愛と家事』はこちらからも購入可能です。

yagakusha.thebase.in

販売先情報

取扱い店が増えてきましたので、まとめました。
今のところ関西での取扱いが多いです。

○東京
IRA(東京・新宿)
 社会運動、アナーキズムに関する本やZINEが世界中から集まる。
本屋だけでなく、交流拠点にもなっているインフォショップ。
http://ira.tokyo/


Title(東京・荻窪
 古民家を改装した、生活に関する本に力を入れた本屋さん。
九州のブックスキューブリックを参考にされたということで、カフェも併設。
ムカイ林檎店のりんご使用アップルパイが気になります。
http://www.title-books.com/


ROUTE BOOKS(東京・上野)
 リノベーションを手がけるYUKUIDOによる、工場跡を再生したカフェ&ブックショップ。リメイク家具販売やワークショップも。
ライブや展覧会など毎月何かしらのイベントが開催されているので、いろんな出会いが期待できそうなお店。
http://route-books.com/


○中国地方
汽水空港(鳥取
 社会運動、カウンターカルチャー系の本が集まる。
車庫を自力で改造した店主の生き様も含めて見てほしい。
http://kisuikuko.thebase.in


○関西
Calo bookshop & cafe(大阪)
 大阪の肥後橋のビルの5階にあるカフェとギャラリーも兼ねた書店。
新刊だけでなく、ミニコミ、アート、洋書も充実。
眺めいい窓際でお茶もしてほしいお店。
http://www.calobookshop.com/


ホホホ座(京都)
 京都左京区にある本屋兼おみやげもの屋兼編集団。
一冊目の『わたしがカフェを始めた日』は今までのカフェ本を覆す斬新な装丁と編集。お店としてだけでなく編集集団として、これから作る本にも期待大◎
http://hohohoza.com/


ホホホ座三条大橋店(京都)
 上と同じホホホ座の三条大橋店。アクセス便利で喫茶あり。
http://www.hohohoza-sanjo.com


マヤルカ古書店(京都)
 西陣の森の脇にひっそりある古書兼雑貨店。
こけしなどの郷土玩具が充実。
店主のなかむらさんのお人柄も素敵で、和むお店です。
http://mayaruka.com


レティシア書房(京都)
 古書、新刊のほか日本全国のミニプレスがそろう。
ほぼ毎日更新されている店長日誌は、古書への愛や読書遍歴が詰まっていて読み応えあり◎
http://book-laetitia.mond.jp


とほん(奈良)
 大和郡山の城下町の町並みの中にあるお店。6坪の中に紙もの雑貨や古本、新刊、リトルプレスがぎっしりつまったセレクト書店。
http://www.to-hon.com/

北海道、東北、北陸、中部、四国、九州、沖縄の書店さんでもし扱いたいというところがありましたら、ぜひお声かけください。

年末年始の営業について

2016年の発送は12月28日に注文を受けたもので終了します。
2017年は1月5日からスタートします。

『愛と家事』を買ってくださったみなさん、
販売してくださった書店および、イベント出店者のみなさん、
ありがとうございました。

///

また、文章を書き、読んでもらうことで、
人生を見直す機会をいただいてありがとうございました。


個人的な経験にもかかわらず、いろんな人に読んでもらい、
誰にも言えなかった悩みや苦しみに共感してもらったことで、
救われた部分があります。
ずっと抱えていた人への憎しみ、自分の行動への後悔、世間の常識へのもやもや等は
まだまだ解消しませんが、
書いたことでことである程度客観視できたのもよかったです。

また、書いたことで自分が思っていたよりも、
既婚女性であること、
特定のパートナーがいること、
主婦という役割を演じること、
義母に気に入られようとすること、
よい娘であること、
に縛られていたこともよくわかりました。
そして、その演技をすることが苦でないと
自分に思い込ませていたのもよくわかりました。

最初は自分の人生の結果について他人を責めていましたが、
結局はみんなにいい顔をしたかった自分のせいだろうという心境にやっとなれました。
悪者になりたくない、薄情、恩知らずと言われたくない気持ちが強かったです。
しかし、今年34歳になって人生の折り返し地点が近づいてきているのに、
やりたくないこと、自分がそれほど重用視していないことを、
やらなければ、重要だと思い込まねばと自分を騙して、
やりたくないことのために半生を費やしたことに気がついて愕然としました。
何かを選ぶことは何かを犠牲にしたり、
もうひとつの可能性を捨てることだということをわかっていなかったんだと思います。
これからはさらに、いろんなことを今までよりもっと早いスピードで
どんどん選ばないといけない年齢になろうとしています。
選ぶこともどんどん大きくなってきます。
この先人生に思い悩むことがまた起こるかもしれません。
そういうときにはまたこの本を開きたいと思います。

もしかしたら、将来またわたしの人生に困難が降りかかることがあるかもしれない。そういうときには大丈夫だと、未来のわたしに向かって念を送る。そういうふうに自分を信じて、今と未来だけを見て生きていきたい。


この言葉を支えにして、これからもやっていきたいと思います。

f:id:kokeshiwabuki:20161214132514j:plain


2017年は2年間住んだカナダについての本を作りたいです。

『愛と家事』はこちらから購入可能です。



 

集え!全国の文学フリマファンたちよ!(文学フリマ東京@東京流通センター 11/23)

文学作品の展示即売会「文学フリマ」が東京で開催されます。

前回、しのばずくんの本の縁日と同様、タバブックスさんのブースで販売してもらいます。
 ブースは【オ22】仕事文脈です。

http://bunfree.net/?tokyo_bun23#l21

 

yagakusha.hatenablog.com

 


今回はできたてほやほやの『仕事文脈』9号も販売。
「ごはんと仕事」という内容で、今回も読み応えありそうです。
ちなみに私もバンクーバーと仕事」という連載をしています。

tababooks.com


文学フリマは今や全国8都市に広がり、年々参加者が増加中。
東京は発祥の地というだけあって参加サークルは811ブース、
過去最大規模となるそうです。
新しい書き手がここからどんどん登場し、ファンとの交流がさかんになり、
自主制作本市場が活性化することを期待しています!

○イベント詳細
文学フリマ東京

日時:11月23日(水・祝)11:00~17:00(予定)
場所:東京流通センター 第二展示場(東京都大田区平和島6-1-1 1F)

 

『愛と家事』はこちらからも購入可能です。



webshopはこちら→https://yagakusha.thebase.in/